従来サイドビジネス(副業)は「悪」という風潮がありましたが、ここ近年では日本の経済を支える大きな力となり、また個人の生活収入を確保する手段として、それを認める社会的考えが定着しつつあります。

2012年04月01日

進む勇気と退く勇気

よく登山などで探検家が言われる言葉ですが「進む勇気と
退く勇気の判断で危険な状態を招くかどうかが決まる」と。

このことは私達のあらゆる生活の場面で言える事です。
特にアフィリエイトの「買い」と「売り」を行う場合にはこの
判断は利益と損益を大きく左右することになります。

例を挙げますと株の売り買いが良く解るでしょう。

株の売り買いに必要な情報に比較チャートがあります。
これは時系列的に株の価格をグラフにしたものです。

このグラフが売り時期と買い時期を決める1つのツールと
言えます。ここでツールという表現をしましたがこのグラフ
はあらゆる情勢により急激に変化をしますのでこのグラフ
情報だけでは不十分と言えるからです。

このグラフを有効に判断する上ではその日、またはその
時々の世界のニュース、特に経済や政治などのマスコミ
の情報も加味した判断も必要です。
ニューヨークのマーケットに気をつけろ!

アメリカの前日の株価の上昇下降などの情報は特に日本
経済に大きな影響を及ぼします。

ニューヨークの株価が下降すると必ずと言っていいほど
翌日の日経平均株価も下がります。また反対にニュー
ヨークの株価が上昇すれば日経平均株価も上昇という
ことになります。
このような情報も自分でデータを積み重ね、エコノミストの
勝手な主観にまどわされることのない正確な情報のまとめ
方をみにつけることが勝ち組に入ることができる道となり
ます。

しかし、この場合あまり欲を出さない事が寛容です。大概
の失敗はここではじまります。そしてその損を取り戻そうと
あせり、深みにはまり込んでしまうのです。

最初に挙げました「進む勇気」と「退く勇気」あなたは使い
分ける事ができる勇気が有りますか。

あれば進むことをお勧めしますが無いのであれば株取引
のようなものには手を出さない事をお勧めします。
posted by 夢創人 at 10:44| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。